臨済宗 妙心寺派 金鳳山

年中行事

平林寺の仏事と催事

年間の予定

平林寺の仏事は、平林寺専門道場の修行として行われるため、すべて非公開となっています。
ご参拝、ご散策に関わりのある仏事、催事等は以下の通りです。

4月8日 降誕会(ごうたんえ)
4月17日 半僧坊大祭(はんそうぼうたいさい)
4月20日~5月31日 青楓の境内林
11月下旬~12月上旬 紅葉の境内林

拝観休止 2月1日~末日/境内整備のため 
12月31日/除夜の鐘の解放ありません

降誕会 4月8日

お釈迦様の誕生祭

古くから盛大に行われていた、お釈迦様の誕生をお祝いする行事。日本では「花まつり」の呼び名で親しまれています。お釈迦様誕生の故事に因んで、季節の花で飾られた花御堂(はなみどう)にまつったお釈迦様の像に、甘茶(あまちゃ)をかけて供養します。また自身でも甘茶を頂き、1年の無病息災を祈ります。
平林寺では、花御堂は仏殿の前にそなえられます。

半僧坊大祭 4月17日

半僧坊縁起

半僧坊(はんそうぼう)とは、天狗の姿に似た山の守り神。方広寺(ほうこうじ、浜松)の奥山半僧坊大権現が起源です。
半僧坊は現生の諸願を叶えると言われ、鎌倉建長寺にも祀られます。方広寺、建長寺、平林寺は三大半僧坊とされ、各寺院では年に1度、大祭を催します。

平林寺半僧坊大祭

平林寺の半僧坊大祭(はんそうぼうたいさい)は毎年4月17日です。当日は午後2時より、華やかなお練り(祭礼行列)が本堂を出発し、山門、半僧門を通って半僧坊感応殿へと向かいます。感応殿では僧侶により大般若祈祷の法要が行われ、大祭が厳かに締めくくられます。

青楓の境内林 4月20日~5月31日

新緑の散策路

総面積13万坪(東京ドーム9個分)にもおよぶ境内林の樹木が一斉に芽吹き、境内は輝く新緑に覆われます。およそ2.5kmの境内散策路は、ゆっくり歩いて1時間半ほど。薫風と初夏の木漏れ日を受けて、心身ともに清々しさに溢れます。

紅葉の境内林 11月下旬 ~ 12月上旬

雑木林を彩る紅葉

総門から山門にかけての参道や半僧坊感応殿周辺は、イロハモミジを中心とした紅葉が鮮やかに色付きます。クヌギやコナラも黄色に輝き、雑木林の散策路に紅葉が連なります。

見ごろは3週間ほど(11月下旬〜12月上旬)

境内にはクヌギやコナラ、モミジが広く分布するため、紅葉の見ごろは3週間ほど続きます。モミジの種類によっても、色付きのタイミングが異なります。近年は下記の傾向となっています。

〔 11月20日頃〜11月30日頃 〕
・伽藍周辺:山門、仏殿、半僧坊感応殿のエリア

〔 12月1日頃〜12月10日頃 〕
・野火止塚、業平塚、歴代塔所周辺の境内散策路

<ご留意ください>

1)色づきの程度やタイミングには、その年の気象条件(雨量、夏の気温、台風の有無他)の影響があります。

2)紅葉は自然現象です。弊寺独自での紅葉予想、気象予想は行いません。

3)境内紅葉に関するお電話でのご案内はありません。見ごろ時期、来山時期につきましては上記、及び一般の情報よりご自身にてご判断ください。

ページトップへ戻る