臨済宗 妙心寺派 金鳳山

境内案内

境内散策の手引き

平林寺境内林案内図

国指定天然記念物平林寺境内林案内図

禅宗伽藍

総門

茅葺屋根の堂々たる総門は、バス通り(大門通り)に面しています。山号扁額は「金鳳山」。門柱には「臨済宗平林寺専門道場」を掲げています。埼玉県指定有形文化財建造物。

総門
金鳳山「金鳳山」(きんぽうざん)

山門

築350年の風格を湛える平林寺のシンボルです。江戸時代前期、平林寺が岩槻から移転された際に、現在の地に移築されました。埼玉県指定有形文化財建造物。

山門
凌霄閣「凌霄閣」(りょうしょうかく)

仏殿

端正かつ威厳ある佇まいです。本尊は釈迦如来坐像、脇侍は迦葉尊者と阿難尊者。扁額は江戸中期の書家三井親和(みついしんな)の揮毫です。埼玉県指定有形文化財建造物。

仏殿
無形元寂寥「無形元寂寥」(むけいもとせきりょう)

中門

中門をくぐり本堂にお参りします。総門から中門まで、4棟すべて茅葺屋根です。埼玉県指定有形文化財建造物。
平林寺の行事により、閉門の場合があります。

中門

本堂

本尊は釈迦如来坐像。扁額は、総門の「金鳳山」、山門の「凌霄閣」と共に江戸初期の文人石川丈山(いしかわじょうざん)による揮毫です。
平林寺の行事により、お参り不可の場合があります。

本堂
平林禅寺「平林禅寺」

大河内松平家廟所と下卵塔

大河内松平家廟所

大河内松平家は、第3代将軍徳川家光、第4代将軍徳川家綱に老中として仕えた松平伊豆守信綱(まつだいらいずのかみのぶつな)が興した一族。3,000坪の墓域に160基余りの墓石を配する、全国有数の廟所です。

大河内松平家廟所

松平伊豆守信綱夫妻の墓

高さ2メートルの本小松石でできた五輪塔です。正面左が信綱、右が正室の墓となっています。俳人高浜虚子は「知恵伊豆の墓に俳句が詣りけり」と詠みました。埼玉県指定史跡。

松平信綱夫妻墓

下卵塔(しもらんとう)

大河内松平家廟所に対して下手(しもて)にある卵塔場(墓所)。松平伊豆守信綱の重臣や、修行半ばにしてこの世を去った雲水、平林寺ゆかりの人々のお墓があるエリアです。

卵塔

石橋を渡る手前に並ぶ卵塔は、修行半ばにしてこの世を去った雲水の墓です。墓石には僧名が刻まれています。

卵塔

島原の乱供養塔

寛永14年(1637)に起きた島原の乱の200年遠忌の際に建立されました。島原の乱は当時、第3代将軍徳川家光の幕府老中松平伊豆守信綱によって平定されています。

島原の乱供養塔

松永安左エ門の墓

「電力王」「電力の鬼」と呼ばれ、戦前・戦後の日本の電力事業の礎を築いた実業家(1875生 - 1971没)。耳庵(じあん)の号を持ち、近代三茶人(原三渓、益田鈍翁)のひとりに数えられています。

松永安左エ門の墓

前田卓(つな)の墓

明治期の自由民権運動家、前田案山子(かがし)の次女で、夏目漱石『草枕』に登場する「那美」のモデルとされています。案山子も隠居の身として『草枕』に登場しています。卓の隣は、異母弟でのちに養子となった前田利鎌(とがま)の墓です。

安松金右衛門(やすまつきんうえもん)の墓

小畠助左衛門(おばたすけざえもん)の墓

松平伊豆守信綱の重臣。ふたりのはたらきによって、玉川上水と野火止用水開削の大事業が成功しました。金右衛門(墓左)は、信綱の長男輝綱にも仕えました。助左衛門(墓右)は、川越藩家老として武蔵野一帯の開発に貢献しています。

安松金右衛門、小畠助左衛門の墓

平林寺境内林

平林寺境内林

雑木林を含む広大な境内林は、総面積13万坪(東京ドーム約9個分)。平成26年度より行政の協力のもと、境内林保全事業「平林寺境内林保存管理計画」が進められています。かつての武蔵野の風情をとどめる貴重な文化財として、雑木林としては国内唯一の国指定天然記念物。

平林寺境内林と保存管理計画

平林寺境内林

野火止(のびとめ)用水

玉川上水からの分水で、平林寺周辺には用水に沿った野火止緑道が整備されています。玉川上水、野火止用水の開削では、当時の幕府老中松平伊豆守信綱が総奉行を勤めました。野火止用水から平林寺に引かれた用水は「平林寺堀」です。埼玉県指定史跡。

野火止用水

境内の建造物等

戴渓堂(たいけいどう)

日本に書法・篆刻を伝えた独立性易(どくりゅうしょうえき)禅師を祀ります。独立禅師は、隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師の第4代将軍徳川家綱謁見のため、長崎から江戸に随行。当時の老中松平伊豆守信綱は独立禅師に江戸への滞在を勧め、厚遇しました。

載溪堂

僧堂門

門柱に「平林僧堂」を掲げます。僧堂門から先は修行道場区域につき、立ち入りできません。

僧堂門

片割れ地蔵

もとは1対だった地蔵の片方を平林寺に祀ったといわれています。拝観路は、片割れ地蔵を過ぎると平林寺境内林(雑木林)のなかへ入っていきます。

片割れ地蔵

放生池(ほうじょういけ)

拝観に訪れる方々の憩いの場。水は野火止用水から通じ、中島には弁天堂があります。

放生池

野火止塚(のびとめづか)

かつては一面の平野だったこの地に、野火を見張るための小高い土盛りが数多く点在していたといいます。地名の由来でもあります。

野火止塚

業平塚(なりひらづか)

野火止塚と同じ目的で造られたと思われます。業平塚の向かって左に広がる松林は、平林寺境内林の見どころのひとつです。

業平塚

歴代塔所(れきだいたっしょ)

平林寺歴代の住職が眠る墓所です。整然と並ぶ卵塔のうち、正面中央が平林寺開山石室善玖(せきしつぜんきゅう)禅師のもの。斜面中伏にあり、塔所から境内林を見渡すことができます。

歴代塔所

半僧坊感応殿

半僧坊感応殿(はんそうぼうかんのうでん)

臨済宗方広寺(静岡県)の奥山半僧坊大権現を起源とし、神秘不可思議な神通力を持つ「半僧坊」を祀ります。平林寺半僧坊は、鎌倉建長寺と並ぶ三大半僧坊のひとつとされ、毎年4月17日は半僧坊大祭が盛大に催されます。

半僧坊大祭

半僧坊感応殿

半僧門(はんそうもん)

半僧坊感応殿に続く正式参拝用の門。普段は閉門していますが、年に1度、半僧坊大祭に開門し、平林寺のお練り(祭礼行列)が通ります。旧半僧門は手水舎の奥に移築されています。

半僧坊感応殿

睡足軒の森

睡足軒(すいそくけん)の森

平林寺境内林の一部。江戸時代には高崎藩の陣屋だった場所で、バス停留所「陣屋」の由来です。近代は実業家・茶人の松永安左エ門が屋敷地とし、その後、平林寺の寺領となりました。国指定天然記念物。

睡足軒

睡足軒

近代の実業家・茶人の松永安左エ門が移築した、飛騨地方の古民家。普段の拝観は建物の外側からのみ。催事のときには中に入ることができます。国登録有形文化財(建造物)。

睡足軒

紅葉亭(もみじてい)

坐禅堂。新座市主催の坐禅体験講座ほか、ギャラリーとしても活用されています。紅葉亭の拝観は行っていません。

睡足軒
ページトップへ戻る