臨済宗 妙心寺派 金鳳山

武蔵野

文化財としての武蔵野

国指定天然記念物 平林寺境内林

武蔵の野

武蔵野とは、埼玉県川越より南から東京都府中に至るまでの、一都一県にまたがる広域を指し、古くは一面に野原が広がっていました。万葉集に「武蔵野」の語句が詠まれて以来、どこまでも続く武蔵野の原野に、萩やススキ、月などが風情を添え、多くの文芸、美術、工芸作品の題材となって人々の心情と深く結びついてきました。

雑木林の出現

江戸時代に入ると、武蔵野の原野に変化が訪れます。武蔵野は、もともと水源の乏しい台地でもありました。第5代川越藩主となった松平伊豆守信綱は、野火止の台地に大きな可能性を見出し、玉川上水と、そこから分水した野火止用水を開削する、一大事業を行います。
水が引かれたことで、武蔵野の人口は急速に増加し、田畑や街道などが整備されていきました。雑木林もそのひとつで、薪や炭等の燃料、また田畑の肥料として、野火止の暮らしと農業に不可欠なものとなりました。雑木林は、江戸期を通じて400年以上のあいだ、人々の暮らしを豊かに支え、大切に受け継がれていきました。

国の天然記念物指定へ

明治期には、日本画家速水御舟や文豪国木田独歩、徳富蘆花らの文化人が、自然と人間の暮らしが調和した美しさを武蔵野に見出し、趣ある風情を作品に描いています。 昭和43(1968)年、平林寺境内林は、武蔵野の風情を広くとどめる貴重な文化財として、国指定天然記念物に指定されました。雑木林としては国内唯一の天然記念物指定で、寺域として守られてきた境内林は、後年の追加面積も合わせて、現在およそ43ha(13万坪、東京ドーム約9個分)が指定範囲となっています。

平林寺境内林 保存管理計画

新しい試み

時の流れとともにその本来の役割を終えた雑木林は、時代に即した適正な保存と管理の在り方が必要とされています。
平成25(2013)年、文化庁・埼玉県教育委員会・新座市教育委員会・平林寺の自然と文化を守る会・平林寺は、「平林寺境内林保存管理計画」を策定。これは官民一帯となった雑木林保全事業で、雑木林と野火止用水が育む多様な生態系を回復し、武蔵野の往年の風情と景観を取り戻そうという、全国でも例をみない大規模かつ長期の計画です。
武蔵野を文化的財産として後世に伝えていくために、平成26年度より15年間、3期に分けて、平林寺境内林の包括的整備、調査、管理が行われています。

ページトップへ戻る