臨済宗 妙心寺派 金鳳山

僧堂教育研究室

僧堂での修行について

平林僧堂の修行三則

掛塔して最初の3年間は、修行の基本要素として次の3項を徹底して鍛えます。

一.姿勢・所作
坐禅、法儀を中心に、静動両面の身体感覚を磨き、身体の基本をつくる。
一.呼吸・声
坐禅で修練する呼吸法と、読経のための声を磨き、精神の安定を図る。
一.基礎知識
仏教と禅に関する知識を身につけ、
禅僧としての自覚を奨励する。
ページトップへ戻る