臨済宗 妙心寺派 金鳳山

歴 史

武蔵野の禅刹、平林寺の歴史

武蔵野国、岩槻での創建

金鳳山平林寺は、禅修行のための専門道場を持つ臨済宗妙心寺派の古刹です。創建は今からおよそ650年程前の南北朝時代にさかのぼります。
平林寺は永和元年(1375)武蔵野国埼玉群(現在のさいたま市岩槻区)に、禅に深く帰依していた大田備州太守春桂蘊沢(おおたびっちゅうのかみしゅんけいうんたく)が開基となり、書と偈頌に優れた当代の高僧、石室善玖(せきしつぜんきゅう)禅師を開山に迎え、当初は建長寺派寺院として創建されました。
開山の石室禅師は、かつて元で修行精進した金陵(きんりょう)の鳳台山保寧寺(ほうたいさんほねいじ)から山号を「金鳳山(きんぽうざん)」とし、平坦な林野に見え隠れする伽藍を「平林寺」と名付けました。

石室善玖坐像平林寺開山石室善玖禅師坐像(部分)
江戸時代

徳川家康と平林寺の奇縁

時は戦国時代、豊臣秀吉による小田原攻めに際し、小田原に次ぐ関東の重要拠点であった岩槻にも戦禍は及び、平林寺も多くの伽藍を失っていました。
関東への領地替えで江戸に入った徳川家康は、鷹狩に武蔵国を訪れ、途中、休息のため平林寺に立ち寄ります。寺の由緒を聞いた家康は、荒廃した平林寺の復興を約束。かつて駿河臨済寺にて共に学び、今や臨済禅の傑僧となっていた鉄山宗鈍(てつざんそうどん)禅師を、天正20年(1592)平林寺に招聘しました。
平林寺は建長寺派、大徳寺派の系譜を経て、ここに妙心寺派としての新たな歴史を刻むこととなります。

江戸名所図絵『江戸名所図会』にみる平林寺(部分)
江戸時代、埼玉県立博物館

松平信綱によって野火止の地へ

鉄山禅師により中興を果たした平林寺は、江戸幕府老中で川越藩主となった松平伊豆守信綱(まつだいらいずのかみのぶつな)の遺言により、寛文3年(1663)岩槻から現在の野火止(のびとめ)に移転されます。
信綱の祖父、大河内秀綱は家康に仕えた大名で、檀那となって平林寺をよく外護しました。以来今日に至るまで、平林寺は大河内松平家歴代の廟所となっています。

大河内松平家廟所大河内松平家廟所

平林僧堂の始まりと平林寺境内林

明治36年(1903)平林寺は禅修行の専門道場である僧堂を開きます。平林僧堂は、京都の正法山妙心寺(しょうぼうざんみょうしんじ)を本山とする妙心寺派において、名古屋以東初めて開かれた僧堂です。110余年の歳月を経た今日、平林僧堂は関東を代表する妙心寺派専門道場となって、臨済禅の法燈をいまに伝えています。
また平林寺境内林は、武蔵野雑木林の風情を残す貴重な文化財として昭和43年(1968)国指定天然記念物に指定されました。13万坪以上に及ぶ境内林は、日々、継続的な管理整備が行われており、四季折々の趣と古刹の禅風を湛えています。

平林寺境内林平林寺境内林
ページトップへ戻る