臨済宗 妙心寺派 金鳳山

沿 革

平林僧堂のなりたち

関東を代表する道場として

平林僧堂の開単

平林僧堂は明治37(1904)年、平林寺21世峰尾大休(みねおだいきゅう)老師によって開設されました。大休老師は万延元年(1860)、武蔵国(現八王子)に生まれ、鎌倉円覚僧堂に入門。今北洪川老師、釋宗演両老師に参禅し、宗演老師より印可を受けました。円覚僧堂では宗演老師に代わって師家代参も務め、明治34年(1901)平林寺に晋山します。昭和12年(1937)には妙心寺派管長を、また臨済宗各派が合同した際には第2代臨済宗管長を歴任しています。

雑木林と僧堂

大休老師の後を継いだ白水敬山禅師は、当時「天下の鬼叢林」と恐れられた伊深正眼寺(岐阜、臨済宗妙心寺派)の専門道場で修行し、昭和15年(1940)、平林寺22世に就任しました。敬山老師は「雲水(修行僧)の修行には大自然が不可欠」と、広大な雑木林を寺域として守り、自然に守られた現在の平林僧堂の基盤を築きました。

石室善玖坐像
ページトップへ戻る